Top » 海外情報ニュースフラッシュ(全記事表示モード)

フィンランド

オルキルオトにおけるボーリング調査状況
(ポシヴァ社ウェブサイトより引用)


フィンランドにおける高レベル放射性廃棄物(使用済燃料)処分の実施主体であるポシヴァ社は、2004年12月29日付けのプレスリリースにおいて、同社がオルキルオトで行っているボーリング調査についての進捗状況を公表した。プレスリリースによると、ポシヴァ社は2004年秋期に、5つの新たなボーリング孔(KR29-33)の掘削を完了させるとともに、2つのボーリング孔(KR23,KR32)を用いた詳細調査を実施しているとのことである。このうちKR23は、地下特性調査施設(ONKALO)の主要調査深度における岩盤構造の調査のため、それまでの深さ302メートルから460メートルにまで掘削が進められた。なお、同社はオルキルオトにおいて建設中のONKALOのアクセス坑道でも岩盤調査を実施している

プレスリリースによると、新たに掘削された5つのボーリング孔における調査の目的は、既に調査が行われた岩盤構造の連続性を確証することとされている。また、ポシヴァ社は、今回の調査により、岩盤中の破砕帯の位置の確定や地中に存在する岩盤の種類などについて、モデルと実際とを比較できるようになると説明している。最も新しいボーリング孔(KR33)は、母岩における岩盤の破砕帯の構造を調査するために掘削されている。

ONKALOの区域内には、ONKALOの換気用立坑となる予定の場所にボーリング孔(KR24)がある他、2つのボーリング孔(KR30,31)が存在している。これらのボーリング孔による調査結果は、ONKALOのモデル構築のために利用される。また、これまでの調査はオルキルオト道路の北側に集中していたが、今回、南側において初めてモニタリング用のボーリング孔(KR29)が掘削されたとのことである。

今後、物理探査および水文地質学的測定が、2005年に入っても継続され、約2ヶ月にわたり実施されることになっている。

なお、オルキルオトにおけるONKALOの完成は2010年に予定されている。また、最終処分施設の建設許可申請は2012年までに政府に提出されることになっており、操業開始は2020年の予定とされている

【出典】

ONKALOの建設状況
(ポシヴァ社ウェブサイトより引用)


フィンランドにおける高レベル放射性廃棄物(使用済燃料)処分の実施主体であるポシヴァ社は、2004年12月3日付けのプレスリリースにおいて、同社がオルキルオトで、2004年6月から建設を行っている地下特性調査施設(ONKALO)の進捗状況を公表した。プレスリリースによると、坑道掘削距離は122メートルに達しており、ポシヴァ社とONKALO建設作業の主契約業者であるカリオラケンヌス(Kalliorakennus)社によって、掘削及び掘削により露出した岩盤への調査が実施されている。なお、ONKALOの完成は2010年の予定である。また、最終処分施設の建設許可申請は2012年までに政府に提出されることになっており、操業開始は2020年の予定とされている

ONKALO建設のための掘削作業については、通常の岩盤工事との違いはないが、坑道周囲の岩盤のグラウト1 には特に注意が払われている。坑道は発破掘削工法により1回当たり約5メートルずつ掘削されている。一週間あたりの掘削は通常、平均週3回、最大で週7回実施されている。また、削孔段階では、岩盤構造に応じて、合計で32~42の発破孔が削孔されている。

坑道は、掘削3回毎にグラウトされ、同時に水の流量測定や散逸試験も実施されている。グラウト後、次の掘削に入る前に、地質学者が岩盤構造の調査を実施している。地質学者は、最終処分場のための岩盤の適合性についての正確な情報を得ることで、事前に作成されたオルキルオトの岩盤モデルの補完を可能としている。

なお、ONKALOで実施される研究プログラムについては、2003年10月にポシヴァ社より公表された「ONKALO地下特性調査及び研究プログラム」に示されている。また、フィンランドにおける放射性廃棄物管理全般に関する研究開発計画としては、ポシヴァ社より2003年12月に公表された「オルキルオト、ロヴィーサ原子力発電所の放射性廃棄物の管理:2004-2006年の研究・開発・設計プログラム」(TKSレポート2003)がある

【出典】

  • ポシヴァ社ウェブサイト、 http://www.posiva.fi/cgi-bin/newsarcposiva.cgi?
    dataf=20041203140128.txt & dpic=20041203140230.gif & title=ONKALO+tunnel+reaches+122+metres+in+depth & arctype=ESITE & arcfile= & arctitle= & newstype=uutinen & lang=eng & date=20041203000000

  1. 地盤や構造物の間隙・割れ目・空洞に強化や止水を目的として固結材を注入する工法 []

ONKALOのレイアウト(地下特性調査計画書より引用)

フィンランドにおける使用済燃料処分の実施主体であるポシヴァ社は2004年6月30日付けのプレスリリースで、同社がオルキルオトにおいて地下特性調査施設(ONKALO)1 の建設作業を開始したことを公表した。このONKALOは2010年までに建設されることとなっている。ポシヴァ社はONKALOにおける研究により、最終処分に適しているとされる岩盤部分の特性を明らかにするための情報が得られるとしている。また、この情報は2012年末までに政府に提出される最終処分施設の建設許可申請において必要となるものである。なお、使用済燃料の最終処分は2020年に開始される予定である。

プレスリリースによると、ONKALOは最終処分場の一部として使用されるため、ポシヴァ社は現段階から既に最終処分の長期安全基準を考慮しているとのことである。
ONKALOの建設に当たって、掘削については通常の岩盤工事との違いはないが、坑道周囲の岩盤のシーリングには特に注意が必要とのことである。坑道掘削と並行して、岩盤に試錐孔を掘削し、地質情報を得ることも予定されている。さらに、坑道内に掘削した研究用空洞において、地球物理学的及び化学的調査を実施するとのことである。また、ONKALOの建設により、毎年40~50人の雇用が創出されるとのことである。

なお、ONKALOについては2004年3月に建設の第一段階についての詳細がポシヴァ社により明らかにされている

【出典】

  • ポシヴァ社ウェブサイト、http://www.posiva.fi/englanti/index.html、2004年7月
  • POSIVA 2003-03, ONKALO Underground Characterisation and Research Programme (UCRP) , September 2003

  1. ONKALOは、「最終処分のためのオルキオルトの岩盤特性調査」のフィンランド語表記に基づいて、その頭文字をとったものである。 []

ONKALOのレイアウト(地下特性調査計画書より引用)

2004年3月29日、フィンランドの使用済燃料処分の実施主体であるポシヴァ社は、ONKALO地下特性調査施設の建設の第一段階について、建設業者との契約を締結したことをプレスリリースにて発表した。この建設についての主要契約業者は、国内で多くのトンネル工事を何年も手がけているカリオラケンヌス(Kalliorakennus)社とのことである。掘削作業は2004年夏から開始され、約4年ほどかかる予定である。また、同プレスリリースにおいては今回の契約内容について以下のような点が示されている。

  • 岩盤掘削総量 : 180,000m3
  • 深さ417mまでのアクセス坑道の掘削作業など1
  • 坑道の長さ : 4.5km
  • 深さ287mまでの通気及び緊急時の避難用の立坑掘削

ONKALOの建設は第一段階終了後も、深さ約500mまで継続される。最終的にONKALOは長さ5.5kmのアクセス坑道、換気孔、420m及び520mの深さにおける研究地域で構成され、その総容積は33万m3となる。

ONKALO地下特性調査施設は2010年までに建設される予定であり、最終処分場所の一部として使用される予定である。ポシヴァ社の最終処分場の建設申請時期は2012年となっている

なお、ONKALO建設については原子力法上の許可は必要なく、通常の建築法上において2003年8月12日はONKALOに対する建設許可がエウラヨキ自治体から発給されている。

【出典】

  • ポシヴァ社ウェブサイト、http://www.posiva.fi/englanti/index.html、2004年4月
  • ポシヴァ社情報、2004年4月
  • ONKALO-地下特性調査計画書(Posiva 2003-03)」、ポシヴァ社、2003年9月
    (http://www.posiva.fi/raportit/POSIVA_2003-03.pdf) 〔約2.4MB〕
    ※ファイルサイズが大きいのでご注意ください。

  1. 仮設・常設の坑道床、地下水測定用堰、空調、配管、電気配線、防火システム等 []

フィンランドの使用済燃料処分の実施主体であるポシヴァ社は2003年12月、「オルキルオト及びロヴィーサ原子力発電所の放射性廃棄物管理:2004-2006年の研究、開発、技術設計プログラム」(TKSレポート2003)を発表した。

このプログラムは2003年9月に同社が発表した「ONKALO-地下特性調査計画書」において言及されていたものであり、今後3年毎に発行される予定で、今回がその第一回目となっている。また、プログラムでは、ポシヴァ社が使用済燃料の最終処分場の建設許可申請を行う時期が2012年とされている。これは2003年10月23日に貿易産業省(KTM)がポシヴァ社の 申請時期を2010年から2012年に変更すると決定したことを反映している。

このKTMの決定は、ポシヴァ社の株主であり、放射性廃棄物管理責任のあるテオリスーデン・ヴォイマ社(TVO)とフォルツム・パワー・アンド・ヒート社(FPHO)が2003年6月11日付のKTMへの共同書簡において行った、ポシヴァ社による使用済燃料の最終処分場の建設許可申請に関するスケジュール変更要求に対して下されたものである。

両社は、変更の理由を、以下のように述べている。

  • 近年の設計作業の結果により、2010年の終わり頃に関連するスケジュール目標に柔軟さが必要とされることが示されている。
  • 2010年までに建設されるONKALO地下特性調査施設は、最終処分場所の一部として使用される予定である。このため、1980年代および1990年代に必要であるとみなされていたものに比べ、2010年代の処分場所の建設作業は著しく減少する。
  • 現行決定にある2010年の目標の定義は、ある意味において不明瞭である。
  • 放射線・原子力安全センター(STUK)は、両社が2001年~2010年に対して提示した研究、開発および設計作業のプログラム(TKSプログラム)に関する見解(Y811/35、2001年9月26日)において、2010年の目標は少し延期せざるを得ないという評価を示している。(既報 -ポシヴァ社が地下特性調査計画書を公表-参照

KTMはこの決定の中でポシヴァ社の申請時期を2012年にするとともに、遅くとも2009年までに暫定申請書を提出し、必要書類の準備状況について説明することを求めている。また、KTMは今回の変更が処分場の操業開始時期(2020年頃)には影響しないとの考えを示している。

なお、今回発表されたプログラムには、ポシヴァ社による使用済燃料の処分だけでなく、電力会社2社(TVOとFPHO)によって実施される低中レベル放射性廃棄物の処分も含めた放射性廃棄物管理に関する研究、開発、技術設計の進捗及び今後3年間において焦点をあてる作業プログラム提案が記されている。

ポシヴァ社の処分場に関する主要活動と建設許認可のスケジュール

【出典】

  • ポシヴァ社、オルキルオト及びロヴィーサ原子力発電所の放射性廃棄物管理:2004-2006年の研究、開発、技術設計プログラム(TKSレポート2003)、2003年12月
  • TVOとFPHOのKTMへの2003年6月11日付共同書簡
  • KTMの2003年10月26日付けの決定(9/815/2003)

2003年12月18日のポシヴァ社のプレス・リリースによると、高レベル放射性廃棄物の最終処分予定地であるオルキルオトにおいて、ONKALOと呼ばれる地下特性調査施設の建設に向けた作業が開始された。オルキルオドンティエ道路と既に完成されている港湾への道路の近くに開かれるONKALO入口エリアの森林伐採及びONKALOと最終処分施設への給水・電気・通信ケーブルのための幹線建設の土木工事が2003年12月中に開始されることとなっている。発電所からONKALOエリアへユーティリティ・ダクトも敷設されることになっている。

ONKALOのアクセス・トンネルの最初の部分における基盤構造は、トンネルと平行に走る長さ160mの先進孔を掘削することによって調査されことになっている。

2004年夏に開始されるトンネル自体の建設に対する入札募集は、2003年11月に事業者に送付されている。トンネル建設事業者は2004年春に選定される予定である。

ONKALOの建設については、2003年5月に地元自治体に建設許可申請が行われているが、現在の計画によれば、2001年から2004年まで、ONKALOのアクセス坑道の位置決めを行うための地表からの調査(ステージ1)の後に、2004年7月からアクセス坑道の掘削を開始し、これと並行して特性調査を実施し、2010年10月に全体が完成の予定である。

【出典】

  • ポシヴァ社ウェブサイト、http://www.posiva.fi/englanti/index.html、2003年12月
  • ONKALO-地下特性調査計画書(Posiva 2003-03)」、ポシヴァ社、2003年9月 (http://www.posiva.fi/raportit/POSIVA_2003-03.pdf) 〔約2.4MB〕※ファイルサイズが大きいのでご注意ください。

2003年10月13日、フィンランドの処分事業の実施主体であるポシヴァ社は、高レベル放射性廃棄物(使用済燃料)の最終処分予定地であるオルキルオトにおける地下特性調査に関する計画書を同社のウェブサイトで公表した 。フィンランドではONKALOと呼ばれる地下特性調査施設の建設が予定されており、この計画書ではONKALOの建設計画を含めた地下特性調査計画の詳細がまとめられている。

フィンランドでは 処分場建設前段階における研究開発計画が 2001年1月にポシヴァ社から公表されていたが、今回の計画書はその中心をなす地下特性調査 の詳細計画を示したものであり、研究開発計画に対する2001年9月の放射線・原子力安全センター(STUK)のレビュー結果、および2003年2月のSTUKの見解書を踏まえて作成されている。前者では、研究開発計画全体について見解が述べられており、全体的に合理的とする一方、スケジュールの過密などを指摘している。後者では、処分場に化学的・機械的擾乱を与えないようにアクセス坑道を配置すべき等の指摘がなされている。

計画書は、ONKALO建設計画の概要、特性調査計画、地下調査の手法、特性調査に関連したモニタリング計画、評価モデル、建設と特性調査に関する研究開発、装置の開発、データ管理、組織体制・QA(品質保証) から構成されている。ONKALO建設計画の概要では、現時点でのONKALOレイアウト案(下図参照)やスケジュールも示されている。また、特性調査の計画では、調査戦略およびONKALOの各建設段階ごとの特性調査内容が示されている。さらに、調査の手法、データ計測、モデルによる評価についても、地質学、岩盤力学・熱物性、水文地質学、水文地質化学の各分野における計画などがまとめられている。

ONKALOの建設については、2003年5月に地元自治体に建設許可申請が行われているが、現在の計画によればONKALOは、2001年から2004年まで、ONKALOのアクセス坑道の位置決めを行うための地表からの調査(ステージ1)の後に、2004年7月からアクセス坑道の掘削を開始し、これと並行して特性調査を実施し、2010年10月に全体が完成の予定である。今回の計画書では深度レベルごとの詳細な建設スケジュールも示されている。

なお、ポシヴァ社のウェブサイトでは、ONKALOの施設およびスケジュール、地下特性調査などについてわかりやすく概要をまとめたパンフレットも公表されている。

ONKALOのレイアウト(地下特性調査計画書より引用)

【資料】

2003年2月のSTUKの見解(STUKからポシヴァ社への書簡)
〔フィンランド語原典〕  〔邦訳(仮訳)〕

【出典】

  • ONKALO-地下特性調査計画書(Posiva 2003-03)」、ポシヴァ社、2003年9月 (http://www.posiva.fi/raportit/POSIVA_2003-03.pdf) 〔約2.4MB〕
     ※ファイルサイズが大きいのでご注意ください。
  • ONKALOパンフレット、ポシヴァ社
    (http://www.posiva.fi/esitteet/Onkaloesite_ENG_kevyt.pdf)〔約450KB〕

2003年5月20日、フィンランドにおける処分事業の実施主体であるポシヴァ社は、地下特性調査施設(ONKALO)の建設許可申請1 を処分場建設予定地オルキルオトのエウラヨキ自治体に提出した 。 ONKALOと呼ばれるこの調査施設は、 オルキルオトにおいてこれまで地上からのボーリング等により行われてきたサイト特性調査結果を検証するために建設される。ONKALOにおける調査活動により、政府に対して行われる予定の処分場の建設許可申請のために必要な情報が得られることになる。

フィンランドでは2001年5月に行われた原則決定(詳細はこちら)の承認により、使用済燃料の最終処分場の予定地がエウラヨキ自治体のオルキルオトに決定し、2010年を目途とした処分場建設許可申請に向けて地下特性調査施設の建設を含む調査活動が行われている。ONKALOについては、2002年6月にアクセス方式が決定されており、今回はその建設許可申請が地元のエウラヨキ自治体に提出されたものである。以下ではポシヴァ社のプレスリリースの情報を紹介する。

ONKALOはオルキルオト島の中心部に建設される。オルキルオトでは1980年代からサイト特性調査が行われており、今まで23のボーリング孔が掘削されてきた。ONKALOは長さ5.5kmのアクセス用坑道(斜坑)、換気孔、 深度420m(メイン)および 深度520mの調査レベルから構成される。ONKALOの総容積は33万m3となる。

現在の計画によれば探査は2004年夏に開始の予定であり、準備活動は既に始められている。2004年から2010年の期間に、ONKALOプロジェクトでは毎年40~50人の地下建設作業者が投入される予定である。アクセス坑道は掘削・発破工法によって建設される。

ONKALOの建設は2010年までには完了する見込である2 が、調査活動自体はアクセス坑道の建設段階から開始され、地質学、岩石力学、地球物理学および地球化学の調査・計測のためのスペースがアクセス坑道および調査レベルに設けられる。ONKALOの完成後は、実際と同様の条件で最終処分技術の試験・シミュレーションが可能になるとされている。

なお、ONKALOの建設費用は概算で5千万ユーロ程度と想定されている。

【ONKALOの技術データ】

  • 総容積=33万m3
  • 坑道総延長=8,300m
  • 換気孔長さ=530m
  • 換気孔直径=6m
  • アクセス坑道(幅×高さ)=5.5m×6.3m
  • アクセス坑道傾斜=1:10

【出典】

  • ポシヴァ社プレスリリース(2003.5.20)
    (http://www.posiva.fi/englanti/index.html)

  1. 土地利用・建築法(132/1999)上の建設許可申請である。(ポシヴァ社情報) []
  2. ポシヴァ社によれば、当初の計画と比べて建設期間が長くなっている。 []

2002年12月23日、フィンランドの放射線・原子力安全センター(STUK)は使用済燃料最終処分場の操業時の安全指針(YVL8.5)を策定した。フィンランドでは政府(閣議)による処分の安全性に関する決定を受けてSTUKが詳細な指針を定めることとされており、検討が行われていたものである。

フィンランドにおける使用済燃料処分の安全性に関しては、政府(閣議)が原子力法の規定に基づいて安全性に関する一般的な規制について閣議決定を行っている(1999年3月)。これを受けて、STUKは使用済燃料処分の長期安全性に関する指針(YVL8.4)を2001年5月に発行していた。今回の操業時の安全性に関する指針YVL8.5は、この政府(閣議)決定において定められていた操業時の安全性についての詳細な規則として定められたものである。

YVL8.5では、放射線防護、放出限度、モニタリング、安全分類、安全機能の保証、臨界事故の防止、火災および爆発の危険の防止、外部的事象の考察、セーフガード、および処分場の建設と操業等についての指針が示されている。

なお、STUKのYVL指針の主要なものは英語版の公表も行われているが、2003年1月22日時点で公表されているのはフィンランド語版のみとなっている。

【参考】

  • 使用済燃料処分の安全性に関する閣議の決定(1999.3.25) (www.stuk.fi/saannosto/19990478e.html)
  • 放射線・原子力安全センター(STUK)のウェブサイト(安全指針関係) (www.stuk.fi/english/publications/yvl-guides.html)

フィンランドでは、処分場の建設前に地下特性調査施設(ONKALO)を建設し、処分場予定地の地下情報を集めることが計画されている。フィンランドの実施主体であるポシヴァ社(Posiva Oy)は、6月上旬、地下施設までのアクセス方式として斜坑方式を採用することを決定した(下図参照)。

計画によれば、地下特性調査施設(ONKALO)の建設は、許可取得後、2004年に開始される予定である。フィンランドではエウラヨキ自治体のオルキルオトを使用済燃料の最終処分場予定地とする原則決定(詳細は こちら)が2001年5月に議会で承認されており、現在は最終処分場の建設許可申請に必要とされる地下の詳細情報を集めるため、地下特性調査施設(ONKALO)建設のための準備が進められている。

ONKALOは、処分場が建設される予定の深さ(地下約400~500m)に建設され、最終的には処分施設の一部として使用される予定である。地下にアクセスする方式として、これまで立坑方式(地上より垂直に掘削を行い、エレベータ等により地下に達する)と、斜坑方式(地上より斜めにトンネルを掘り進み、トラックなどにより地下に達する)とが検討されてきたが、今回斜坑方式を採用することに決定したものである。トンネルの総延長距離は約5kmである。主要調査深度(~400m)における調査活動は、建設開始から3~4年後には開始できる見込みである。

地下特性調査施設(ONKALO)が建設され、地下特性調査が完了した後は、実際の処分場施設の建設許可、建設へと進むこととなり、使用済燃料の最終処分は2020年には開始される予定である。

地下特性調査施設(ONKALO)のレイアウト

【出典】

  • ポシヴァ社のプレスリリース http://www.posiva.fi/englanti/index.html