Top » 海外情報ニュースフラッシュ(全記事表示モード)

英国

英国の環境・食糧・農村地域省(DEFRA)は、下院の環境・食糧・農村地域(EFRA)委員会に対し、「放射性廃棄物の安全な管理」に関する最初の進捗報告書を2002年12月に提出していたことを公表した。この進捗報告書は、EFRA委員会によって毎年末迄に提出することが求められているもので、今回がその第1回目の報告となる。

DEFRAは2002年7月29日に、半年間にわたり実施してきた「放射性廃棄物の管理に関する協議用文書」についての協議を終了させ、2002年末までに放射性廃棄物の管理方法についてのレビュー・プロセスを監督し、最良の管理方法を勧告するための独立組織を設立することを表明していた(詳細は 既報を参照)。今回の進捗報告書では、組織設立に関する事項、管理オプションのレビューの開始に向けた報告および協議用文書におけるその他の問題についての進捗状況が報告されている。

新しく設立される独立組織は、CoRWM(Committee on Radioactive Waste Management)という名称が付けられている。その組織体制と作業内容について、DEFRAは2002年7月の組織設立の表明以来、検討を行ってきた。DEFRAは、時間と資源の有効利用の観点から、CoRWMに対し、最初の作業計画において、いかに早く、最も可能性の低いオプションを排除し、より重要な議論に焦点を絞るかを明確に示すよう求めている。DEFRAは、CoRWMに対して考慮事項などを指示するよりも、CoRWM自身が作業計画を策定し、DEFRAの合意を得ることを期待するとしている。なお、CoRWMは、政府に勧告する管理方法が実質的であり、公衆の信頼を得ることができ、実施可能であることを保証するため、研究計画と公衆や利害関係者が参加する討論会の計画も策定することとなっている。

同報告書ではCoRWMの委員長および12名のメンバーについて、全国紙に広告を載せて募集するとしていた。DEFRAは2003年3月26日付けのニュースリリースで当日(3月26日)より31日まで全国紙で募集広告を掲載し、申し込みの締め切りを5月2日とすることを発表した。広告には、委員長および委員に対して求められる分析能力や情報伝達能力などの必要な素質について具体的に述べられている。また、委員長が最初に選出され、その他のメンバーの選出を補助することとされている。

DEFRAはCoRWMの設立を2003年の夏までに行うよう提案している。また、DEFRAは、CoRWMからの勧告を受け、放射性廃棄物の長期管理方法についての決定を2006年までに行いたいとしている。

【出典】

  • DEFRAウェブサイトの3/17付けの新着情報 http://www.defra.gov.uk/environment/whatsnew.htm(http://www.defra.gov.uk/environment/radioactivity/waste/pdf/radwaste_efra-cttee_dec02.pdf)
  • DEFRAの3/26付けのニュースリリース http://www.defra.gov.uk/news/2003/030326a.htm

英国Nirex社1 は、2003年1月7日に英国の放射性廃棄物に関する最新のインベントリを公表した。このインベントリには、2001年4月1日現在の英国に存在する放射性廃棄物の保管量と将来の予測量が記載されている。今回発表されたコンディショニング済みの廃棄物の予測量は、高レベル放射性廃棄物が1,510m³、中レベル放射性廃棄物が237,021m³、低レベル放射性廃棄物が1,508,420m³となっている。

今回の報告は、廃棄物の処理・パッケージング・貯蔵・長期管理に関する廃棄物管理政策、規制、計画に不可欠な最新情報を提供するものであり、その取りまとめは、環境・食糧・農村地域省(DEFRA)とNirex社によって行われている。このインベントリを公表した目的は、放射性廃棄物問題に関心のある人々に、開かれた透明性のある方法でデータを提供することであり、英国の原子力活動を行っている機関と主要な環境団体にも配布されている。また、今回の報告書は一般の利用向けに英国国立図書館に収められるほか、DEFRAおよびNirex社の図書室でも閲覧することが出来る。

放射性廃棄物のインベントリは1980年代初めより定期的にまとめられており、現在では3年毎に公表されている。前回は1998年4月1日現在のものが1999年7月に公表されている。今回報告された将来の予測量は、前回に比べて高レベル放射性廃棄物は20%減少、中レベル放射性廃棄物は10%増加、低レベル放射性廃棄物は19%減少している。こうした予測量における変動は、操業の内容と規模の変更、廃棄物のコンディショニングとパッケージングの前提条件の変更、廃棄物量の見積り方法の改善などによって生じるものである。

今回の報告は、主報告書と要約の2分冊および、英国核燃料公社(BNFL)、英国エネルギー(BE)社、英国原子力公社(UKAEA)、国防省等の主要な廃棄物発生者毎の6分冊の詳細報告書の計8分冊で構成されている。

主報告書では、全ての発生源(原子力産業活動および放射性廃棄物発生者)からの廃棄物量を取りまとめている。また、廃棄物の放射性物質の量と含有物質量に関する情報も含められている。この主報告書にはインベントリのとりまとめ方法に加え、廃棄物発生量の見積りのための基礎となるシナリオが提示されている。

一方、6分冊からなる各廃棄物発生者の詳細報告書には、廃棄物量、廃棄物の物質成分、化学的性質、現在および計画されている廃棄物のコンディショニングおよびパッケージングプロセス、放射性物質の量、放射性核種の濃度、計1,000以上もある廃棄物発生ルートにおける放射線レベルに関するデータなどが含まれている。また、それぞれのサイトにおいて、コンディショニングおよびパッケージングの際に貯蔵されている廃棄物量についてもまとめられている。

なお、これらの報告書については、Nirex社のウェブサイト(http://www.nirex.co.uk/)を通じて、CD-ROM版を入手することが可能である。

【出典】

  • 英国Nirex社プレスリリース (http://www.nirex.co.uk/inews.htm)

  1. 英国Nirex社(UK Nirex Limited)は中・低レベル放射性廃棄物を対象に、地層処分の安全、環境及び経済面についての調査を行うために、政府との合意によってUKAEA、BNFL等によって1982年に設立された有限責任会社。 []

2002年7月29日、英国の環境・食糧・農村地域省(DEFRA)は、放射性廃棄物の管理に関する次の協議段階についての発表を行った。これは、2001年9月の英国政府とスコットランド、ウェールズ、北アイルランド行政府による「放射性廃棄物管理に関する協議文書」の発表以降、半年間にわたって行われてきた協議が今年3月12日に終了し、その協議報告書「放射性廃棄物管理に関する協議文書:協議文書への見解の概要、2001年9月~2002年3月」が出されたことを受けたものである。なお、管理対象となっている廃棄物は、固体の長寿命放射性廃棄物で、現在貯蔵中のものが1万トン以上、将来の発生が50万トンと見込まれる廃棄物である。

環境・食糧・農村地域省は、まず、放射性廃棄物管理方法のレビュー・プロセス(検討経緯)を監督するための独立の組織を2002年の末までに設立するとしている。このレビュー・プロセスにおいては、利害関係者、公衆、そして政府各省庁の見解を求めることになる。

上記の新しい組織は、公衆の信用を勝ち得ることができ、開かれた、透明性のある包括的な方法で運営されるべきであるとされている。また、レビューは利害関係者や公衆が関与した形で行われなければならないとされている。レビューの第1ステップは、対象となる廃棄物、各廃棄物の管理方法、それぞれの管理方法が評価されるべき基準について、広く合意を得ることによって、議論のための枠組みを設定することである。続く第2ステップは、今後必要とされる新しい研究の提示も含めて、それぞれの管理方法についての評価を行うことである。最終ステップでは、関係大臣への勧告を作成するとされている。

また、「放射性廃棄物管理に関する協議文書」で示された5つの段階の協議プロセスについては、これまでの協議で得られた様々な見解と研究の結果を考慮して、以下のような4つの段階からなるプロセスに修正されている。その第1段階は「放射性廃棄物管理に関する協議文書」の発表と協議であり、次の第2段階は、今回発表された新しい独立組織の設立によって始まる。この第2段階では、管理方法のレビューが行われ、政府決定の発表と説明がなされるまで続けられる。第3段階は、2006年頃となる見通しで、サイト選定基準を含む、政府決定が実行される方法についての公開討論がなされる。最後の第4段階は、2007年頃になり、必要な法整備をも含めた実行プロセスが開始される。

さらに今回の発表では、廃棄物管理方法の評価において、現在廃棄物として区分されているものだけでなく、使用済燃料と分離されたプルトニウムやウランも含まれるとしており、長期間において廃棄物として管理される可能性のあるその他の物質も対象とすることが重要であると明言されている。

今後の予定として、2002年の夏から秋にかけて、新しい独立組織とその権限、第2段階についてのより詳細な提案等が発表されることとなっている。

【出典】

  • 英国環境・食糧・農村地域省プレスリリース (http://www.defra.gov.uk/news/2002/020729c.htm)
  • 英国環境・食糧・農村地域相の議会への書簡 (http://www.defra.gov.uk/environment/radioactivity/waste/pdf/radwaste_sofs-letter.pdf)
  • 「放射性廃棄物管理に関する協議文書:協議文書への見解の概要、2001年9月~2002年3月」 (http://www.defra.gov.uk/environment/radioactivity/waste/pdf/radwaste_response-summary.pdf)