Top » 海外情報ニュースフラッシュ » (個別記事表示)

§ 2018年1月19日 発行 海外情報ニュースフラッシュ

米国の廃棄物隔離パイロットプラント(WIPP)で地下施設の掘削活動が再開

タグ:

米国のエネルギー省(DOE)は、2018年1月17日付けのWIPPのフェイスブック・ページにおいて、超ウラン核種を含む放射性廃棄物(TRU廃棄物)の地層処分場である廃棄物隔離パイロットプラント(WIPP)について、地下の処分施設の掘削活動を4年振りに再開したことを公表した。WIPPでは、1999年3月から軍事起源のTRU廃棄物の地層処分が行われているが、2014年2月に発生した火災事故及び放射線事象により操業が停止していた。4年間の復旧作業の後、2017年1月4日にはTRU廃棄物の定置を再開し、2017年4月にはDOE各サイトからのTRU廃棄物の受入れを再開していたが、地下施設の掘削活動は中断したままであった。

今回再開した掘削活動は、2018年1月15日から開始されており、WIPP地下処分施設の第8パネルでの掘削が行われている。WIPPでは現在、第7パネルでTRU廃棄物の定置活動が行われているが、第7パネルでの定置が完了すると、第8パネルでの定置が開始される。第8パネルの掘削は、2013年遅くに開始されていたが、2014年2月の火災事故及び放射線事象で中断していた。第8パネルの完成は、2020年の予定とされている。

掘削活動には連続掘削機が使用されており、WIPPのフェイスブック・ページでは、連続掘削機の写真やビデオも掲載されている。WIPPは岩塩層に建設された地層処分施設であり、時間の経過に従って岩塩のクリープ現象によって地下の開口部分が閉鎖される動きがあるため、処分パネルの掘削は、処分に必要となる時期に合わせて行われている。

なお、WIPPのフェイスブック・ページでは、2018年1月11日付けの情報として、2018年1月15日~28日の予定で、定期のメンテナンスのためにWIPPでの操業を停止することも公表されている。

【出典】

  • エネルギー省(DOE)の廃棄物隔離パイロットプラント(WIPP)フェイスブック・ページ「WIPP掘削作業を再開(WIPP Resumes Mining Operations)」(2018年1月17日))[アクセス日:2018年1月19日]
    https://www.facebook.com/WIPPNews/

 

【2019年2月12日追記】

米国のエネルギー省(DOE)の環境管理局(EM)は、2019年2月5日付けのニュースにおいて、超ウラン核種を含む放射性廃棄物(TRU廃棄物)の地層処分場である廃棄物隔離パイロットプラント(WIPP)について、TRU廃棄物の定置が行われていた第7パネル第5処分室が満杯となり、定置作業上のマイルストーンに達したことを公表した。WIPPでは、2014年2月に発生した火災事故及び放射線事象により操業が停止されたが、2017年1月4日にはTRU廃棄物の定置が再開し、2018年1月には地下施設の掘削活動も再開されていた

第7パネル第5処分室でのTRU廃棄物の定置作業が終了したことにより、今後は第7パネル内の処分室を繋ぐ坑道での定置が第3処分室に到達するまで行われ、その後は第3処分室での定置が開始される1 。また、第7パネルでの定置作業と並行して、第8パネルの掘削も行われている。第7パネルでの定置及び第8パネルの掘削は、ともに2013年に開始されており、第7パネルは2021年春には容量の上限に達する見込みとされている。

WIPP地下処分施設の第7パネルの状況

WIPPでは、2018年には、2017年の133回を上回る310回以上のTRU廃棄物の受入れが行われた。WIPPが1999年に操業を開始してからのTRU廃棄物受入れ回数は、12,300回以上に達する。また、WIPPの地下処分施設では、175,000以上のTRU廃棄物容器が定置された。なお、WIPPウェブサイトによれば、2019年2月2日現在のTRU廃棄物の処分量は約95,000m3となっている。

【出典】


  1. WIPPにおけるTRU廃棄物の定置活動は、各処分パネルの一番奥に位置する第7処分室から第1処分室に向かって行われる。現在TRU廃棄物の定置が行われている第7パネルでは、第7処分室が2014年2月の放射線事象による汚染で閉鎖されたほか、岩盤管理作業の問題から第6処分室及び第4処分室が立入禁止とされている。 []

(post by inagaki.yusuke , last modified: 2019-02-12 )