(公財)原子力環境整備促進・資金管理センター

諸外国での高レベル放射性廃棄物処分

Learn from foreign experience in HLW management

ユーザ用ツール

サイト用ツール


srsr:safir2:showcase

SAFIR2 (ベルギー)

評価結果

(SAFIR2 - 安全評価・実現可能性第2次中間報告書: 2001年)



q02.gif安全評価の結果はどのように示されるのですか…

線量結果

基本シナリオの評価


nirond2001-06e-figure11.5.3-30.png
図 10 揚水井戸を介した全線量率の経時変化:ガラス固化体(ZAGALC)nirond2001-06e-figure11.5.3-33.png
図 11 揚水井戸を介した全線量率の経時変化:ハル・エンドピース(HAGALC2)nirond2001-06e-figure11.5.3-35.png
図 12 揚水井戸を介した全線量率の経時変化:使用済燃料(ZAGALS)

基本シナリオの線量計算値として、揚水井戸を介したケースについて以下の結果(最大線量及び重要核種)が得られている(図10~図12参照)。

  • ガラス固化体(ZAGALC)
    最大線量:約9μSv/y(20万年後)
    重要核種:79Se、129I、126Sn、99Tc
  • ハル・エンドピース(HAGALC2)
    最大線量:約0.3μSv/y(3万6,000年後)
    重要核種:79Se、129I、14C、93Zr
  • 使用済燃料(ZAGALS)
    最大線量:約7μSv/y(16万年後)

nirond2001-06e-figure11.5.3-32.png
図 13 河川(Kleine Nete川)を介した全線量率の経時変化:ガラス固化体(ZAGALC)nirond2001-06e-figure11.5.3-34.png
図 14 河川(Kleine Nete川)を介した全線量率の経時変化:ハル・エンドピース(HAGALC2)

ガラス固化体(ZAGALC)及びハル・エンドピース(HAGALC2)について、Kleine Nete川を通じた線量も計算されているが、揚水井戸を通じた線量の1/100程度と報告されている(図13及び図14参照)。



核燃料サイクルオプションの比較


nirond2001-06e-figure11.5.3-41.png
図 15  2つの再処理オプションに関する線量率の経時変化

 次の2つの再処理オプション、

  • シナリオ1 再処理を継続(全量再処理):ガラス固化体(ZAGALC)のキャニスタ3,920本、ハル・エンドピース(HAGALC2)のキャニスタ6,410本、及び使用済みMOX燃料(ZAGALS)67トン
  • シナリオ2 再処理を中止(直接処分):ガラス固化体(ZAGALC)のキャニスタ420本、ハル・エンドピース(HAGALC2)のキャニスタ820本、使用済みUOX燃料4,234トン、及び使用済みMOX燃料(ZAGALS)67トン

について、線量率の経時変化を以下のように検討している(図 15参照)。

  • 最初の50万年間は、両オプションについて計算した線量率の差は非常に小さく、最大2倍の差である。いずれの場合も、最大線量は主として79Seによるもの。
  • 2つの再処理オプションについて計算した線量率の差は、50万年後に大きくなる。超長期的(2,000万年後)には、2つのオプションについて計算された線量率に、ほぼ1桁の差が生じる。


変動シナリオの評価


変動シナリオについては、定性的な影響評価が実施されている。変動シナリオの評価結果については、被ばく経路の発生確率とその影響度合いを考慮して、表2に示すように結論されている。


表2 変動シナリオの定性的影響解析結果

変動シナリオ名 発生した場合の
影響の度合い
発生する確率
資源開発ボーリング 最大線量で数mSv/年 小さい
処分場のシーリング不良 限定的 未言及
断層活動 ごく小さい ごく小さい
厳しい氷河期 5万年以降であれば小さい 小さい
ガス移行 限定的 小さい*1
探査ボーリング 限定的 未言及

注)*1:パッケージの大部分にステンレス鋼を使用するためガスは発生するものの、問題になるほど多量に発生しない。




srsr/safir2/showcase.txt · 最終更新: 2013/09/27 13:11 (外部編集)

経済産業省の委託により、(公財)原子力環境整備促進・資金管理センターが運用しています。