(公財)原子力環境整備促進・資金管理センター

諸外国での高レベル放射性廃棄物処分

Learn from foreign experience in HLW management

ユーザ用ツール

サイト用ツール


srsr:npj-entsorgungsnachweis:start

Opalinus Clay Project (スイス)

NTB 02-05

オパリナス・クレイプロジェクト: 安全報告書
- 使用済燃料、ガラス固化高レベル廃棄物及び
長寿命中レベル廃棄物に関する
処分の実現可能性の実証、
NAGRA(2002年)

Project Opalinus Clay: Safety Report. Demonstration of disposal feasibility for spent fuel, vitrified high-level waste and long-lived intermediate-level waste (Entsorgungsnachweis).
Nagra Technical Report NTB 02-05, Wettingen, Switzerland. (December 2002)




q02.gif処分地選定プロセスのどの段階で、どのような目的で実施された安全評価なのか…


安全評価書の位置付け

スイスでは、1978年の「原子力法に関する連邦決議」により、原子力施設の建設許可及び運転許可の前提条件として、施設を建設しようとする者に対して、連邦評議会(内閣に相当)が発給する概要承認の取得が義務付けられた。そして、この概要承認の発給条件の一つは、放射性廃棄物が確実に処分可能であることであった。この、処分の実現可能性の実証のために、Nagra(放射性廃棄物管理共同組合)は調査・研究を実施してきた。

このうち、低中レベル放射性廃棄物については、スイス北部の結晶質岩を対象として実施され、1985年にNagraが報告書を取りまとめた「保証プロジェクト」 (Project Gewähr) に対する連邦評議会の1988年の評価により、処分の実現可能性が実証されたことが認められた。一方で、使用済燃料、ガラス固化体及び長半減期中レベル放射性廃棄物については、連邦評議会は安全な処分の実現可能性は確認されたものの、処分可能なサイトの存在が実証されていないとして、堆積岩も調査対象とすることを要求した。

結晶質岩について、Nagraは1994年に、「保証プロジェクト」を追補した「クリスタリン-Ⅰ」報告書を公表したが、それに対して当時の安全規制機関であった原子力施設安全本部(HSK)は、スイス北部の結晶質岩は高レベル放射性廃棄物の地層処分場の母岩としての適性を有するものの、具体的な処分場サイトの存在が説得力ある形で示されてはいない、と結論した。一方でNagraはスイス北部の堆積岩(オパリナス粘土)分布域における使用済燃料、ガラス固化体、長半減期中レベル放射性廃棄物の処分の実現可能性の実証のための調査・研究も実施してきた。その成果として取りまとめられたのが「オパリナス・クレイプロジェクト 安全報告書」である。

ntb02-05-figure1.2-2.png


評価のねらい/目的

「オパリナス・クレイプロジェクト 安全報告書」の主要な目的は次の2点とされている。

  • 1. チュルヒャー・ヴァインラントのオパリナス粘土における、使用済燃料(SF)、高レベルガラス固化体(HLW)及び長半減期中レベル放射性廃棄物(ILW。ハル・エンドピース等)の処分の実現可能性の実証(適性を有するサイトの存在の実証、工学的な実現可能性の実証、及び安全性に関する実現可能性の実証を含む)
  • 2. 高レベル放射性廃棄物の処分プログラムの進め方に関する意思決定のための議論の基盤の構築と基礎情報の提供

また、以下の2点が追加的な目的として挙げられている。

  • 3. 放射性廃棄物管理全般の計画・立案のための情報の提供、設計や放射性廃棄物インベントリの評価のための基準の形成、及び安全性や不確実性の観点からの研究・開発の評価への寄与
  • 4. 放射性廃棄物の問題に関する、公衆を中心としたあらゆるステークホルダーとの議論のための情報の提供

さらに、「オパリナス・クレイプロジェクト 安全報告書」の安全評価における目的として、特に次の4点が示されている。

  • 1. 長期安全性の観点からの、チュルヒャー・ヴァインラントのオパリナス粘土の処分場の母岩としての適性の評価
  • 2. 検討されている処分システムの多重の安全機能に関する理解の向上
  • 3. 不確実性や安全機能に悪影響を及ぼし得る事象の影響に対する処分システムの堅牢性の評価
  • 4. 処分事業の進展に関連する広範な議論のための基盤の構築


Projekt Entsorgungsnachweis 報告書の全体構成

Project Entsorgungsnachweis報告書の全体構成

「オパリナス・クレイプロジェクト」の報告書類の全体構成を示す。このうち、安全評価の報告書は NTB 02-05である。安全評価の詳細を記述した報告書として、“モデル、コード及びデータ”を説明する報告書(NTB 02-06)と“FEP(特性・事象・プロセス)”の取り扱いを説明する報告書(NTB 02-23)がある。

  • NTB 02-02 / 技術報告書02-02 地層処分場の施設と操業の概念(2002年12月)
  • NTB 02-03 / 技術報告書02-03 地球科学的調査結果の総括(2002年12月)
  • NTB 02-05 / 技術報告書02-05 安全報告書:使用済燃料、ガラス固化高レベル廃棄物及び長寿命中レベル廃棄物に関する処分の実現可能性の実証(2002年12月)
  • NTB 02-06 / 技術報告書02-06 安全評価のためのモデル、コード及びデータ(2002年12月)
  • NTB 02-23 / 技術報告書02-23 安全評価のためのFEP管理(2002年12月)


安全評価を実施してのNAGRAの結論

オパリナス・クレイプロジェクト報告書において、安全評価を実施した上でNAGRAは以下の結論を導いている。

  • チュルヒャー・ヴァインラントのオパリナス粘土層を対象として選定された処分システムは、放射性廃棄物及び人工バリアに関する情報基盤が適切かつ国内外の広範囲な経験から導き出されたものである。
  • レファレンスサイトが十分な安全性を確保できる特性を有すること、処分システムが残存する不確実性を考慮しても揺るがない頑健性を有することから、SF、HLW及びILWの安全な処分は実現可能である。



規制機関によるレビュー

「オパリナス・クレイプロジェクト 安全報告書」に対しては、規制機関であるHSKをはじめとして様々な機関がレビューを行った。これらのレビュー結果も踏まえ、2006年に連邦評議会はスイスにおける高レベル放射性廃棄物の地層処分場の建設が、原則的に可能であることを確認した。ただし、Nagraは連邦評議会に対して、今後の調査対象をチュルヒャー・ヴァインラントのオパリナス粘土に絞ることの承認も要求していたが、連邦評議会はこの要求については退けた。

HSKのレビューは、2005年8月付で作成された「HSK 35/99 Nagraによる使用済燃料、高レベルガラス固化体並びに長寿命中レベル廃棄物の処分の実現可能性の実証(オパリナスプロジェクト)に対する評価」である。そこでは、以下の3点を中心として評価が行われた。

  • ①サイトの存在の実証、
  • ②工学的な実現可能性の実証、
  • ③安全性に関する実現可能性の実証


サイトの存在の実証については、チュルヒャー・ヴァインラントのオパリナス粘土の特性を評価した結果として、地層処分場のサイトの存在が実証されたと結論されている。次に、工学的な実現可能性の実証についてHSKは、Nagraが提示した建設、操業、モニタリング及び閉鎖の概念が法的規定を満足しているとして、チュルヒャー・ヴァインラントのオパリナス粘土層における地層処分場の建設が可能としている。さらに安全性に関する実現可能性の実証については、HSKはレビューにおいて、自ら計算を行い、Nagraが算出した通り、悲観的な想定を行っても0.1mS/年という防護基準が遵守されることを確認したとしている。




srsr/npj-entsorgungsnachweis/start.txt · 最終更新: 2015/01/05 11:51 (外部編集)

経済産業省の委託により、(公財)原子力環境整備促進・資金管理センターが運用しています。