Learn from foreign experiences in HLW management

《カナダ》核燃料廃棄物管理機関(NWMO)、サイト選定プロセスへの関心表明の期限を2012年9月末に設定

カナダの使用済燃料処分の実施主体である核燃料廃棄物管理機関(NWMO)は、処分事業及びサイト選定計画についての情報提供に対する関心表明の期限を2012年9月30日までとする声明を公表した。NWMOでは、2010年5月から使用済燃料の処分場のサイト選定を開始しており 、サイト選定プロセスの第2段階として、関心を表明した地域に対する初期スクリーニングを実施している。

NWMOが同時に公表した関心表明の期限設定に関する説明資料によると、今回期限を設定した理由として以下を挙げている。

  • 実施中の検討に知識や専門的な技術を集中させる
  • サイト選定プロセスに参加している地域への十分なサポートを提供する
  • 各地域が使用済燃料の処分プロジェクトの有力な候補地であるかどうかをできる限り早期に通知する
  • 周辺の自治体などの参画を計画し、全面的にサポートすることに寄与する

NWMOは、2012年9月30日の期限までに関心表明が行われた地域の中から、使用済燃料の処分事業を実施可能な地域が特定されるものと考えてはいるものの、将来的に新たな地域の検討が必要となった場合のため、関心表明の受付を再開する選択肢は排除しないとしている。

また、現在までに延べ16地域がサイト選定プロセスに関心を表明しており、これらの16地域には、これまでに初期スクリーニング結果が公表されている10地域に加えて、新たに以下の6地域が含まれているとされている。

  • ブラインドリバー町(オンタリオ州)
  • ブロックトン自治体(オンタリオ州)
  • エリオットレイク市(オンタリオ州)
  • ノースショア・タウンシップ(オンタリオ州)
  • サウスブルース自治体(オンタリオ州)
  • スパニッシュ町(オンタリオ州)

さらに、NWMOが2012年3月27日に公表した2011年度年報によると、初期スクリーニング結果が良好とされた地域のうち、2011年末までに以下の5地域がサイト選定プロセスの第3段階 1 へ進む意思を正式に表明しているとしている。

  • イグナス・タウンシップ(オンタリオ州)
  • シュライバー・タウンシップ(オンタリオ州)
  • ホーンペイン・タウンシップ(オンタリオ州)
  • ワワ自治体(オンタリオ州)
  • クレイトン・タウンシップ(サスカチュワン州)

なお、これまでにカナダにおける使用済燃料処分場のサイト選定に対して関心表明した地域及びその状況を下表に示す。関心表明を行ったのが全部で16地域であり、初期スクリーニングの結果が良好、または初期スクリーニングが実施中であってサイト選定プロセスに関わっているのが15地域、初期スクリーニングの結果で適性がないとされたのが1地域となっている。

地域 状況
初期スクリーニング
結果
2
第3段階への
意思表明の有無
3
イグナス・タウンシップ オンタリオ州 良好 有り
シュライバー・タウンシップ オンタリオ州 良好 有り
ホーンペイン・タウンシップ オンタリオ州 良好 有り
ワワ自治体 オンタリオ州 良好 有り
クレイトン・タウンシップ サスカチュワン州 良好 有り
レッドロック・タウンシップ オンタリオ州 不適
パインハウス村 サスカチュワン州 良好
イングリッシュリバー先住民族保留地 サスカチュワン州 良好
イアーフォールズ・タウンシップ オンタリオ州 良好
ニピゴン・タウンシップ オンタリオ州 良好
ブラインドリバー町 オンタリオ州 未公表
ブロックトン自治体 オンタリオ州 未公表
エリオットレイク市 オンタリオ州 未公表
ノースショア・タウンシップ オンタリオ州 未公表
サウスブルース自治体 オンタリオ州 未公表
スパニッシュ町 オンタリオ州 未公表

【出典】

【2012年6月4日追記】

核燃料廃棄物管理機関(NWMO)は、2012年5月14日付けでブロックトン自治体(オンタリオ州)に対して初期スクリーニング結果を通知するレター及び概要報告書を公表した。初期スクリーニング結果に係るレター及び概要報告書によると、ブロックトン自治体については、サイト選定手続きに関する今後の検討から除外するような明らかな条件は見つからなかったとしている。

NWMOは、これまでに、10地域の初期スクリーニング結果を公表しており、今回公表されたブロックトン自治体で11地域目となる。なお、これまで関心表明を行ったのは全部で16地域であり、初期スクリーニングの結果が良好となったのは10地域であり、初期スクリーニングを実施中が5地域、適性がないとされたのが1地域であり、現在、サイト選定プロセスに関わっているのは15地域となる。

【出典】


  1. サイト選定プロセスの第3段階では、関心のある自治体に対して、潜在的な適合性の予備的評価を実施する。NWMOは自治体との協力の下で、自治体内のサイトが処分事業の詳細要件を満たす可能性があるかについてのフィージビリティ調査を行う。[]
  2. 良好:今後の検討から除外するような明らかな条件は見つからなかったとされた地域

    不適:サイト選定プロセスにおける適性のある候補地とは見なさない地域[]

  3. 2011年末までに意思表明した地域[]

(post by inagaki.yusuke , last modified: 2023-10-11 )