(公財)原子力環境整備促進・資金管理センター

諸外国での高レベル放射性廃棄物処分

Learn from foreign experience in HLW management

ユーザ用ツール

サイト用ツール


links:de

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
links:de [2016/11/16 19:12]
sahara.satoshi [事業者] ドイツ DBE社解説文を補足
links:de [2020/04/06 15:33] (現在)
sahara.satoshi [連邦放射性廃棄物処分安全庁(BASE)]
ライン 71: ライン 71:
 */ */
 \\ \\
-==== 連邦放射性廃棄物処分安全庁(BfE) ==== +==== 連邦放射性廃棄物処分安全庁(BASE)==== 
-<fc blue>​**【規制機関】**</​fc>​ //<​nowiki>​www.bfe.bund.de</​nowiki>//​\\ +<fc blue>​**【規制機関】**</​fc>​ //<​nowiki>​www.base.bund.de</​nowiki>//​ \\ 
-<wrap lo>​〔独〕[[http://​www.bfe.bund.de/​|Bundesamt für kerntechnische Entsorgungssicherheit ​(BfE)]]\\ 〔英〕[[http://​www.bfe.bund.de/en/|Federal Office for the Regulation ​of Nuclear Waste Management]] </​wrap> ​+<wrap lo>​〔独〕[[http://​www.bfe.bund.de/​| Bundesamt für die Sicherheit der nuklearen Entsorgung ​(BASE)]]\\ 〔英〕[[http://​www.base.bund.de/EN/home/​home_node.html|Federal Office for the Safety ​of Nuclear Waste Management]] </​wrap> ​ 
 + 
 +  * 当初2014年9月に「連邦放射性廃棄物処分庁」(BfE,​ Bundesamtes fürkerntechnische Entsorgung)として設置。処分場サイト選定手続き全体の監督・調整を担う。サイト決定後は、放射性廃棄物処分に関する規制当局として、実施主体に対する監督を行う。 
 +  * 2016年7月8日成立の「最終処分分野における組織体制刷新のための法律」に基づき、名称が「連邦放射性廃棄物処分安全庁」(BfE,​ Bundesamt für kerntechnische Entsorgungssicherheit)に変更 
 +  * 2019年12月の法改正により、名称が「連邦放射性廃棄物処分安全庁」(BASE)に変更 
  
-  * 2014年9月1日より「連邦放射性廃棄物処分庁」として活動開始 
-  * 2016年7月8日成立の「最終処分分野における組織体制刷新のための法律」に基づき、名称が「連邦放射性廃棄物処分安全庁」に変更 
  
 \\ \\
-==== 連邦放射線防護庁BfS) ==== +==== 連邦放射性廃棄物機関BGE)==== 
-<fc orangered>​**【処分実施主体】**</​fc>​ //<​nowiki>​http://www.bfs.de</​nowiki>//​\\ +<fc orangered>​**【処分実施主体】**</​fc>​ //<​nowiki>​https://www.bge.de</​nowiki>//​ \\ 
-<wrap lo>​〔独〕[[http://www.bfs.de|Bundesamtes ​für Strahlenschutz ​(BfS)]]\\ 〔英〕[[http://www.bfs.de/en/bfs|Federal ​Office ​for Radiation Protection]] </​wrap> ​+<wrap lo> 
 +〔独〕[[https://www.bge.de|Bundesgesellschaft ​für Endlagerung ​(BGE)]]\\ 
 +〔英〕[[https://www.bge.de/​en/​|Federal ​company ​for radioactive waste disposal]] 
 +</​wrap>​
  
-    ​放射線防護、通信機器電磁波対策など規制業務、放射性廃棄物処分・輸送業務実施のために1989年に立された。 +  ​BMUB監督下にある100%国有有限会社として設立されており原子力法に基づいて、連邦政府の委託を受けて放射性廃棄物処分の設置・操業を行う。 
-    * 連邦環境・自然保護・原子炉安全省(BMUの監督にあり、連邦政府設置する責任を有する放射性廃棄物処分場の建設・操業の実施主体である+  2017年4月25日に、連邦環境・自然保護・建設・原子炉安全省(BMUB連邦放射線防護庁(BfS)担っていた放射性廃棄物処分の実施主体としての役割を継承して活動開始
  
 ==== ==== ==== ====
 <WRAP indent> <WRAP indent>
-== 連邦放射線防護庁(BfS)が管理している処分場など ==+== BGEが管理している処分場など ==
   * コンラッド処分場 <wrap lo>​[[http://​www.endlager-konrad.de/​|Endlager Konrad]]</​wrap>​   * コンラッド処分場 <wrap lo>​[[http://​www.endlager-konrad.de/​|Endlager Konrad]]</​wrap>​
   * アッセII研究鉱山 <wrap lo>​[[http://​www.endlager-asse.de|Schachtanlage Asse II]]</​wrap>​   * アッセII研究鉱山 <wrap lo>​[[http://​www.endlager-asse.de|Schachtanlage Asse II]]</​wrap>​
ライン 97: ライン 103:
  
 </​WRAP>​ </​WRAP>​
 +
 +
 +
 \\ \\
 +==== 連邦中間貯蔵機関(BGZ)====
 +<wrap lo>
 +〔独〕[[http://​bgz.de/​|BGZ Gesellschaft für Zwischenlagerung mbH]]\\
 +〔英〕(Company for radioactive waste storage)
 +</​wrap>​
  
 +ドイツでは、2016年12月に成立した「原子力発電所運転者からの放射性廃棄物管理の資金及び実施に係る義務の移管に関する法律」(以下「義務移管法」という)に基づいて、今後2020年1月までに、放射性廃棄物の中間貯蔵の実施義務を、従来の原子力発電事業者から連邦政府に段階的に移管する方針である。使用済燃料や放射性廃棄物の処分前に行われる中間貯蔵は、連邦政府が100%所有する私法上の組織が実施することになっている。
  
 +ドイツ連邦環境・自然保護・建設・原子炉安全省(BMUB)及び原子力サービス社(GNS社)は、2017年8月1日付で、ゴアレーベン及びアーハウスの使用済燃料等の集中中間貯蔵施設が連邦政府に移管されるとともに、GNS社が所有していた連邦中間貯蔵機関(BGZ)の株式が連邦政府に無償譲渡されることにより、BGZが100%連邦政府所有の組織となっている。これに伴い、ゴアレーベン及びアーハウスの集中中間貯蔵施設やGNS本社で中間貯蔵業務に従事していた約150名の従業員もBGZに移籍した。
  
 +さらに、今後は、義務移管法に基づいて、以下の中間貯蔵施設が連邦政府に移管される予定である。
 +
 +  * 2019年1月1日までに連邦政府に移管:原子力発電事業者が各原子力発電所内に設置している使用済燃料等の中間貯蔵施設12カ所
 +  * 2020年1月1日までに連邦政府に移管:原子力発電事業者が各原子力発電所内に設置している原子力発電所の運転・廃止措置に伴って発生する放射性廃棄物の中間貯蔵施設12カ所
 +
 +
 +\\
 +==== 連邦放射線防護庁(BfS) ====
 +//<​nowiki>​http://​www.bfs.de</​nowiki>//​ \\
 +<wrap lo>​〔独〕[[http://​www.bfs.de|Bundesamtes für Strahlenschutz (BfS)]]\\ 〔英〕[[http://​www.bfs.de/​EN/​home/​home_node.html|Federal Office for Radiation Protection]] </​wrap> ​
 +
 +    * 放射線防護、通信機器の電磁波対策などの規制業務、放射性廃棄物の処分・輸送業務の実施のために1989年に設立された。
 +    * BGEが活動を開始する以前は、連邦政府が設置する責任を有する放射性廃棄物処分場の建設・操業の実施主体であった。
 +    * BGEの設立以降は、放射線防護・原子力防災に関する専門官庁として存続している。
  
  
ライン 166: ライン 196:
 ===原子力サービス社(GNS社)=== ===原子力サービス社(GNS社)===
 //<​nowiki>​http://​www.gns.de</​nowiki>//​\\ //<​nowiki>​http://​www.gns.de</​nowiki>//​\\
-<wrap lo>​〔独〕[[http://​www.gns.de|Gesellschaft für Nuklear-Service (GNS) mbH]] |〔英〕[[http://​www.gns.de/​language=en/​4877|GNS]]</​wrap>​+<wrap lo>​〔独〕[[http://​www.gns.de|Gesellschaft für Nuklear-Service (GNS) mbH]] |〔英〕[[http://​www.gns.de/​language=en/​24394|GNS]]</​wrap>​
  
   * GNS社は、輸送容器の供給社、放射性廃棄物の処理、原子力施設のエンジニアリング、建設、廃止措置などを行う民間会社である。   * GNS社は、輸送容器の供給社、放射性廃棄物の処理、原子力施設のエンジニアリング、建設、廃止措置などを行う民間会社である。
links/de.1479291154.txt.gz · 最終更新: 2016/11/16 19:12 by sahara.satoshi

経済産業省の委託により、(公財)原子力環境整備促進・資金管理センターが運用しています。