(公財)原子力環境整備促進・資金管理センター

諸外国での高レベル放射性廃棄物処分

Learn from foreign experience in HLW management

ユーザ用ツール

サイト用ツール


hlw:uk:chap2

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
hlw:uk:chap2 [2017/10/27 18:49]
127.0.0.1 外部編集
hlw:uk:chap2 [2020/05/12 13:11]
yamamoto.keita [処分形態]
ライン 78: ライン 78:
 }}] }}]
  
-ガラス固化体と使用済燃料は、いずれも処分キャニスタに封入して処分する方法が検討されています。処分キャニスタの材質は、処分地の岩盤・地下水条件などによって変わりますが、銅-鋳鉄製のキャニスタと鋼鉄製キャニスタが検討されています。ガラス固化体の場合は体を1つの処分キャニスタに封入します。また、PWR燃料集合体は4体、AGR燃料体は体を1つの処分キャニスタに封入します。+ガラス固化体と使用済燃料は、いずれも処分キャニスタに封入して処分する方法が検討されています。処分キャニスタの材質は、処分地の岩盤・地下水条件などによって変わりますが、銅-鋳鉄製のキャニスタと鋼鉄製キャニスタが検討されています。ガラス固化体の場合は体を1つの処分キャニスタに封入します。また、PWR燃料集合体は4体、AGR燃料体は16体を1つの処分キャニスタに封入します。
  
  
hlw/uk/chap2.txt · 最終更新: 2020/05/12 13:11 by yamamoto.keita

経済産業省の委託により、(公財)原子力環境整備促進・資金管理センターが運用しています。