(公財)原子力環境整備促進・資金管理センター

諸外国での高レベル放射性廃棄物処分

Learn from foreign experience in HLW management

ユーザ用ツール

サイト用ツール


hlw:ca:prologue

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
hlw:ca:prologue [2018/05/02 11:38]
127.0.0.1 外部編集
hlw:ca:prologue [2018/05/02 15:08] (現在)
sahara.satoshi [使用済燃料の発生と貯蔵(処分前管理)]
ライン 72: ライン 72:
 天然ウラン(自国で産出)を燃料としているために燃焼度が低く、従って含有するプルトニウム量も少ないために、再処理は経済的に適さないと考えられています。 天然ウラン(自国で産出)を燃料としているために燃焼度が低く、従って含有するプルトニウム量も少ないために、再処理は経済的に適さないと考えられています。
  
-原子力発電所で発生した使用済燃料(=核燃料廃棄物)は、発生元の発電所で貯蔵されています。原子炉から取り出された使用済燃料は、プールで6~10年間冷却した後、乾式の管理施設へ移されます。2015年6月時点での貯蔵量は約260万体(ウラン換算で約52,​000トン)、うち110万体(約42%)が乾式貯蔵されています。+原子力発電所で発生した使用済燃料(=核燃料廃棄物)は、発生元の発電所で貯蔵されています。原子炉から取り出された使用済燃料は、プールで6~10年間冷却した後、乾式の管理施設へ移されます。2016年6月時点での貯蔵量は約268万体(ウラン換算で約54,​000トン)、うち120万体(約45%)が乾式貯蔵されています。
  
 <WRAP clear/> <WRAP clear/>
hlw/ca/prologue.1525228692.txt.gz · 最終更新: 2018/05/02 11:38 by 127.0.0.1

経済産業省の委託により、(公財)原子力環境整備促進・資金管理センターが運用しています。