(公財)原子力環境整備促進・資金管理センター

諸外国での高レベル放射性廃棄物処分

Learn from foreign experience in HLW management

ユーザ用ツール

サイト用ツール


hlw:fr:chap6

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
次のリビジョン 両方とも次のリビジョン
hlw:fr:chap6 [2014/02/20 16:23]
sahara.satoshi [2013年公開討論会の開催状況]
hlw:fr:chap6 [2015/10/19 13:41]
127.0.0.1 外部編集
ライン 1: ライン 1:
-~~bc:​6.安全確保の取り組み・コミュニケーション~~+~~ShortTitle:​6.安全確保の取り組み・コミュニケーション~~
 <WRAP pagetitle>​ <WRAP pagetitle>​
 ==HLW:​FR:​chap6== ==HLW:​FR:​chap6==
ライン 200: ライン 200:
  
  
-放射性廃棄物管理機関(ANDRA)は、公衆にフランスの放射性廃棄物管理プログラムの情報を提供することも、その使命の一つとして求められています。このため、インターネットのウェブサイト(www.andra.fr)と情報誌(//​“La lettre de l’ANDRA”//​)作成されています。双方とも、放射性廃棄物管理研究法よっ規定されいる3つ研究分野ついて説明とともに、地下研究施設の設置を決めた1998年12月9日の政府決定に至る政策決定プロセスの経緯について説明を行っています。 +放射性廃棄物管理機関(ANDRA)は、公衆にフランスの放射性廃棄物管理プログラムの情報を提供することも、その使命の一つとして求められています。このため、ANDRAは情報誌(//​“La lettre de l’ANDRA”//​)作成ています。配布先応じ内容や構成を変えおり、一般向けバージョンほか、ANDRA ​施設ビュール地下研究所と低中レベル廃棄物処分場)フォーカスしたバージョン定期発行年4回各号約20ページ)しています。これらの情報冊子では、地下研究所イトでの研究進捗、科学的な解説、イベント告知地域住民に実施し講演会要、様々な専門家の意見を特集記事で紹介しています。れらの情報誌は、ANDRAウェブサイト(www.andra.fr)で公開されています。
- +
-また、地下研究所があるビュールでは、現地で見学会などが催されるほか、地下研究所の建設作業や調査研究等の進捗状況等ついて、その映像インターネットで見ることもできます。研究所の構造、可逆性の概念、計画されているさまざまな種類の調査地質学地盤力学、水文地質学などの結果等もインターネット上で公開されているほか、地下研究所での研究内容を分かりやすく解説たCD-ROMの配布も行っています。 +
- +
-ビュール地下研究所については、情報誌(//​“La Vie du Labo”//​)が出版され、ンターネットで入手することもできます。こ情報誌は、環境の追跡調査、科学的な解説、研究所で作業の進捗国際協力といっさまざまな特集によって構成されており、質問やそれに対する回答なども得られるようになっています。さらに、担当省の副大臣の要求によりANDRA放射性廃棄物の地層処分に反対する市民団体に対して意見を述べる場としてこの情報誌の1ページを提供することになっています。+
  
 +ANDRAのウェブサイトでは、ビュール地下研究所の建設作業や調査研究等の模様を映像で見ることもできます。ANDRAは、ビュールの見学会も企画・開催しています。ビュール地下研究所の構造、地下での調査結果(地質学、地盤力学、水文地質学など)を解説した冊子や動画もインターネット上で公開しています。
  
  
hlw/fr/chap6.txt · 最終更新: 2017/05/23 19:49 (外部編集)

経済産業省の委託により、(公財)原子力環境整備促進・資金管理センターが運用しています。